Intelligent security that won't stifle your competitive spirit

 

資産保護を目的としたセキュリティ管理態勢の強化

 


 

セキュリティ管理は、地域や事業の特性に沿った形で行われることが望ましいでしょう。コントロール・リスクスは、顧客企業が置かれた個別具体的な脅威環境を精査し、それぞれに優先対応すべきリスクを特定した施策を提案しています。
 

戦略的且つ総合的な安全管理

セキュリティ管理態勢はフレームワークを用いて、包括的に精査するアプローチが肝要です。そして、リスク度合いに応じた最適なリソース配分が求められます。

高度な安全管理態勢を有する組織は、対応すべきリスクを明確に定義して対策を講じています。人的リソースの安全管理は、企業の社会的評価を維持し、法令順守の上でも重要です。これらを前提にして、安全管理施策の構築・導入を支援しています。
 

リスク・ベースの安全管理

コントロール・リスクスが推奨するリスク・ベース且つ総合的なセキュリティ管理は、当社の40年以上に亘るセキュリティ管理経験の中で構築されたアプローチです。過剰なセキュリティ対策は組織の重荷となり、また過小な対策は事業を危険に晒し、その結果、経営責任を問われる可能性が高まります。当社は、長年の経験と最新のテクノロジーを組み合わせたセキュリティ管理を通じ、企業が成長機会の創出に邁進する自信を与えています。
 

当社が提供するリスク・コンサルティングについて