What does resilience look like? Are you prepared?

 

リスク耐性の強化

 


 

多くの企業がリスク耐性の強化に取り組んでいます。しかし、この強化活動は必要不可欠である一方、目標設定が不明瞭にもなりがちです。そして耐性強化の達成度合いは、実際に何らかの事案が起きることで試されることが多いのが現状です。こうした中、多くの組織が「今後、何が起こるのか」、「有事の際、いかに対応すれば良いのか」、「我々の事業に深刻な打撃を与える事態は起こり得るだろうか」、又は「現状の準備態勢で十分だろうか」といった悩みを抱えています。当社はこうした悩みに対して道筋を示します。
 

耐性強化プログラムの設計

コントロール・リスクスは世界各地で様々なリスク対応に取り組んでいます。これまで40年以上に亘り、インテリジェンスをベースとしたコンサルティングを通じ、サイバー攻撃を含む影響度合の高いリスクの予測や管理対応に必要な態勢構築を支援してきました。

事業継続性及び危機管理計画で策定される対応プロセスや訓練を通じて、有事の際に整然とし、且つ適応性の高い対応が可能となります。これに、政治、経済、技術及び社会的変化やトレンドの分析、堅固な情報ガバナンスを加えることで、リスク耐性を更に強化することが可能です。
 

企業価値を守り、リスクに向き合う

事業環境の僅かな変化を察した時であれ、自社に破壊的なダメージをもたらす危機に直面した場合であれ、企業価値を守り長期的な競争優位を確保する形での対応が求められます。リスクと向き合わずに事業の成功は望めない中、当社は、「想定され得る事態に対して、準備出来ることは全てやった」との確信を持ってリスクと向き合うために必要な耐性能力の高度化を支援しています。
 

当社が提供するリスク・コンサルティングについて

関連情報