コントロール・リスクス・グループ

 
コントロール・リスクスは、事業リスクに特化したコンサルティング・ファームです。経済や社会のグローバル化に伴い、企業を取り巻くリスク環境は日々変化しています。当社は、グローバル展開における経営管理態勢の高度化、海外拠点が直面する複雑な問題や危機への対応、そして事業の成長や機会創出に向けたインテリジェンスの提供を通じて、クライアントの事業を支援しています。

 

RiskMap 2020

RiskMap 2020

RiskMapは、世界中のコントロールリスクの専門家がまとめた、政治的およびセキュリティリスクの有数の年間予測です。 2020年については、ビジネスにおけるグローバルでの上位5つのリスクを特定し、来年のビジネス戦略を形作る世界20の国と地域を選出しました。

インシデントレポート

第4四半期は、世界の政治的暴力と暴力的な組織犯罪事件に関するレポートです。 このレポートは、Control Risksの重要なリスクモニタリングツールキットであるCOREで利用可能な、特に広範なインシデントマッピングデータと分析に基づいています。

アフリカ リスクリワードインデックス2019

第4回アフリカリスクリワードインデックスでは、コントロールリスクスとオックスフォードエコノミクスが、アンゴラ、エチオピア、南アフリカの野心的な改革アジェンダの影響を分析しています。 また、東アフリカ共同体における人間関係とライバル関係、そしてポストバシルスーダンにおける地政学的競争の影響にも焦点を当てています。 アフリカリスクリワードインデックスは、アフリカ最大の市場と新興市場のいくつかを比較することにより、アフリカの同業者に対する各国のパフォーマンスをプロットし、投資家にアフリカ全体の市場機会とリスクの比較スナップショットを提供します。

COVID-19

COVID-19シナリオ

アウトブレイク(感染の急激な増加)は、明らかに世界的に重要な意味を持っていますが、中国は圧倒的に最も深刻かつ直接的な影響を経験しています。 本稿では、非医療的観点から中国内で危機に直面しているクライアントのためのいくつかの初期シナリオと、重要な考慮事項を概説します。

Iranian-cyber-espionage

サイバー

11月20日、セキュリティリサーチャーは、イランにつながる”高度な持続的脅威”(APT)ユニットであるAPT33が、標的の焦点をスパイ活動およびデータワイピングキャンペーンからITネットワークに移行したと述べました。 現在このグループは、電力会社、製造業、および石油精製所で使用される産業用制御システム(ICS)のサプライヤーおよびメーカーを標的としていることが増加しています。

採用情報 image expand icon

採用情報

当社は、グローバル環境で価値を創れるビジネス・パーソンになりたい、と考える方達の参画を待ち望んでいます。多種多様な分野において卓越したスキルと経験値を備えた数千人のプロフェッショナル達と一緒に仕事をしませんか。

 
近年は新興国が台頭する中、現地オペレーションにおけるガバナンス上の課題、また、政情変化に伴うセキュリティ環境が複雑化しており、世界各地で事業展開する企業は難しい舵取りが求められています。リスクをチャンスに変えようとする顧客の悩みに道筋や解決策を提示し、それらを着実に導入支援することが当社のプロフェッショナル達が提供するバリューです。