新型コロナウイルスにより生じる新たなリスク環境への移行 ~準備への多角的アプローチ~

  お問い合わせ・資料請求依頼/[email protected]


新たなリスク環境に向けた3つの重要指針

新型コロナウイルス(COVID-19)は、市民生活及びグローバル・ビジネスに対して甚大な影響をもたらしています。有効なワクチンへのアクセスが全世界で十分に確保されるまでには、数年単位の時間が必要となる可能性があり、世界規模での事態収束までには様々なシナリオが複数の時間軸で想定されています。

そして現在、世界各国の有識者や研究機関が新型コロナウイルスがこれからの世界に与え得る影響について発表しており、その観点・論点は正に多岐にわたります。仮にそれらを要約するとしたら、私たちは 「新型コロナウイルスにより生まれた新たな外部環境に適応するために、社会経済活動の在り方を選択的に変化・進化させる必要がある」 と言えるかもしれません。
これは企業のリスク管理及び危機管理についても当てはまり、次の3つの重要指針に集約されると考えております。

COVID-19-analysis

指針1 .リスク・危機管理の仕組みを新たなリスク環境に適応させるための 「準備」 を開始する

私たちは今、新型コロナウイルスが無かった以前の世界とは異なる世界に存在しています。時間の経過と共に、市民生活は元の日常に向けて徐々に復旧していきます。しかし、少なくとも今後数年間は、企業は、新型コロナウイルスの存在を前提とした外部リスク環境の急激かつ漸次的変化に適応せざるを得ない状況となります。市民生活の復旧と企業活動の復旧を分けて考え、後者については、復旧のみならず、新たなリスク環境への 「準備」 を今開始することが必要です。

指針2 :不確実で遮断された世界の姿を捉えるため、新たな情報収集・分析方法を確立する

新型コロナウイルスは、世界のありとあらゆる不確実性を急激に高め、今後数年間、この状態は漸次的に変化しながら継続することが想定されます。また、自然災害を含めた新たなる危機が同時に発生することも十分に想定されます。このような不確実な世界においては、迅速かつ正確な 「情報収集・分析能力」 がリスクや危機の回避において鍵を握ります。しかし、コントロール・リスクスは、この民間企業における重要な情報収集・分析活動が、今後様々な制約に直面し、実施が困難になる可能性があると想定しています。ここで重要なことは、既存の方法では情報収集・分析が行えないためにビジネス機会を放棄する前に、創造的に代替策を検討することが極めて大切と言えます。

 指針3 :見えない脅威、経験のない危機に備える意思決定プロトコールを確立する

新型コロナウイルスにより生じた現在の世界は、これまで誰もが経験したことの無い世界規模の事態です。これからも継続的に発生する様々なリスクや危機に関する経験を有する人は世界で存在しておらず、その枠組も存在していないことになります。そのため、リスク及び危機管理については、見えないウイルスという脅威の存在を前提として、在り方やプロトコールを再度構築する取り組みが必要となります。一方で、感染状況が国・地域毎に異なるため、世界各地で試行された取り組みを適時に把握し、先行的に取り入れることも可能となります。

4つのリスク領域 

コントロール・リスクスは、今後民間企業がグローバル・ビジネスにおいて直面する可能性がある主要なリスクを以下の 「4つのリスク領域」 に整理しました。また、今後増えることが想定されますが、「20の主要リスクと対応アプローチ」 を検討しました。これらの主要リスクについては、新型コロナウイルスの発生が比較的抑制されており、現時点で既に収束~回復段階にある国・地域においてはリスクとして顕在化せずに済む可能性が高いと言えます。他方、感染爆発が断続的に発生したり(公式統計に現れているか否かに限らず)、医療体制が脆弱であったりする国・地域においては、現実的な事象として発生する可能性があります。そのため、全ての国・地域に一律に想定されるものではありませんが、自社の主要展開国においてそのようなリスクが発生する可能性があるかどうかを先ずは点検することが推奨されます。

COVID-threats-1


詳細問い合わせ 

海外事業展開をされている(又はご検討されている)民間企業様や民間団体様向けに、上記に関するご参考資料をご準備しております。ご関心をお持ちの企業・団体様におかれましては、上記のお問い合わせメールアドレス宛に資料請求依頼のメールをご送付ください。概要を整理した資料をご案内いたします。また、ご関心事項を併せてご記入をいただければ、専門のコンサルタントより別途ご連絡をさせていただき、お電話やメールにて概要のご説明等にご対応させていいただきます。

コントロール・リスクスの使命と役割
コントロール・リスクスは、グローバル規模でのリスクと危機管理の専門機関として、新型コロナウイルスに起因する事態への対応に使命感を持って対応してまいります。コントロール・リスクスが有するグローバルのインテリジェンス・ネットワーク、2,500名を超える専門家、そして実践で培ったノウハウを駆使して、お客様の事業活動のお役に立てるよう一丸となりご支援いたします。

Control_Risks_analysis

新型コロナ渦中における海外リスク・危機管理の重要ポイント

インテリジェンスの活用による危機の回避・打開 ~2020年4月19日

最新のポッドキャスト

新型コロナウイルスの感染が拡大するサブサハラ・アフリカ地域において企業が直面する主要課題(言語:英語)
 

CORE エッセンシャルリスクモニタリングツールキット

COREはリスク・マネジメントにおける意思決定を支援する専門情報プラットフォームであり、海外事業の羅針盤としての機能を果たす重要なツールです。COREは、貴社の海外ビジネスの成功確度の向上、新たなビジネス・チャンスの創出、そして人や資産の安全確保に向けた体制強化等において特に有用であり、用途とその活用事例は多岐にわたります。